ドル円のレンジ上限から分かる事と来週の注目通貨!

みなさんこんにちは海虎です。

 

ドル円がレンジ上限のチャートになってきましたね。

ここからは少し慎重に攻めたいところで、安易にWトップとかの形で

ショートするのではなく、少しのもみ合いを想像しておくくらい肩の力を

抜いておくのがいいと考えます。

 

もしかしたら、もう一つ上を目指す事もありますし、下げるにしても、

レンジになるにしても良く見てトレードするのが良いと考えます。

 

 

 

今週の振り返り!(10月1日 ~10月5日)

 

先週の記事から・・

USDJPY(ドル円)は上昇して、大きな陽線がでました。

非常に強い形で、過去記事の中で引いたレンジ水平線を超えてきたので

次の高値114円台が見えてきました。

 

 

 

そして、

114円台半ばあたりがレンジ上限なので来週は良く見てのトレードに

なりそうですね。(先週の記事から)と書きました。

 

雇用統計の週なので、ドルと円について書いたのが

ドルストレートか最弱のJPY(円)絡みのどちらかになりそうな

相関関係・強弱になりますね。

 

まあ、いい感じの予想ですね。

 

 

USDJPYがレンジ上限をつけただろうあたりが、ひとつの目安になりましたが、

思いのほか下げずに現在値にいます。

 

そこだけが少し気になります。

 

いや!  凄く気になります(笑)!

 

なぜなら今までの相関関係と強弱では下げる場面なので凄~く気になります。

 

まぁ後はほぼほぼ読み通りなので大丈夫ですけど。

 

来週の予想をどうぞ~^_^

 

※ブログランキングの応援クリックをしていただけると元気がでます!(^^)!

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

来週の注目通貨!(10月8日 ~10月12日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY、
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

(1)相関関係・通貨の強弱

 

 

日足から

GBP(ポンド)>USD(ドル)>EUR(ユーロ)>AUD(オージー)>JPY(円)

の力関係になります。

調整色強い週になりそうですね。

 

 

週足からは

USD>EUR>JPY>GBP>AUD

 

AUD(オージー)が弱い相関なので、GBPやUSDが強くなりそうな

強弱を示しています。

 

どの通貨ペアがやりやすいか、来週が楽しみです。

 

海虎的には、最強のGBP、USDか最弱のJPY、AUDのどれかが

相場をつくると読んでいます。

 

(2)テクニカル・水平線

 

USDJPY、(週足)

水平線を超えたがレンジ上限で十字線になっているため、

来週以降に上げきれなかった場面では調整に入る可能性も

十分考えられる。

慎重にトレードする場面。

 

 

 

 

 

 

AUDUSD(日足)

直近安値更新しているので、どこかでリトレースが入ってくる可能性の

一週間になりそう。

 

 

 

 

 

 

GBPAUD(日足)

力強い大陽線が出たので来週一番の注目通貨!

 

 

 

 

 

 

EURAUD(日足)

こちらも狙い目通貨。大きく押したら狙いたい通貨。

強いので押さない場面では素直にトレンドについていく感じ。

 

 

 

 

 

 

GBPJPY(日足)

来週どう動くか楽しみな通貨

 

 

 

 

 

 

 

(3)指標

注目したい指標

 

11日、21:00、アメリカ・消費者物価指数

12日、アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

 

以上は特に注目しておきたい通貨です。

他の指標前後も無理なトレードは控えるのがいいと思います。

 

※ブログランキングの応援クリックをしていただけると元気がでます!(^^)!

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

◇ブログの目的◇

このブログはFXに対する備忘録を目的に書いています。

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

メッセージなどは気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です