プロスペクト理論を克服してトレードで勝つために必要なこと

トレードをしていく中で一番難しいのがメンタルコントロールです。
資金管理をして、トレード手法を操る冷静な大局観が必要になります。

それでも同じ行動をくりかえします。特に人が投資行動するときは
不合理に行動するようにできているとするのがプロスペクト理論になります。

人間の心理では損をするようにできています。

プロスペクト理論とは?

心理学者ダニエル・カーネマン博士
    エイモス・トベルスキー博士が展開した。

カーネマンはノーベル経済学賞(2002年)を受賞している。

プロスペクト(prospect)=期待、予想

人は、ファイナンスなどの意思決定などでは必ずも
合理的な行動をとらず、不合理な行動をとってしまうというもの。

この不合理な行動こそが、トレードをしていて利益をあげずらい。たとえ利益を上げられても
薄利で、最後は大きく損失を出して退場になるケースになってしまう。

このプロスペクト理論は他の分野でも参考にされて、いろいろな場面で当てはまるケースが多い。

カーネマンの実験

A.100万円が無条件で手に入る
B.コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

Q1答え:A
この場合、確実にもらえるAを選択する人が圧倒的に多い。
両方手にできる期待値は100万円になるが堅実性の高いAになることが多い。
※Aは100%手に入るがBは50%の確率で何も入らない。

Q2あなたは200万円の負債がある
A.無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
B.コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

Q2答え:B
期待値は両方-100万円になるが、なぜかギャンブル性の高いBに答えが多い。
※Aは確実に100万円払うが、Bは50%の確率で免除される。

これこそが損失性の回避で、目の前に利益があると、利益が入らないリスクを回避しようとする。
損失を目の前にすると、損失そのものを回避する心理が働く。

FXで起こる損失回避性

本来投資では少しの損で大きな利益を得ることを考える(損小利大)が
投資行動の心理では、損失を回避する心理が働き、利益は確定させられるが、
損失は確定させたくない心理が本質的に働き損大利小になる。

FXトレードで実際に起こりうるケースを考えてみる

FXのトレードで考えられる心理として利益が出ている場合はその利益を伸ばそうとするが
値動きを見ていると減るのは嫌なので利益を確定してしまう。

それが損をしている場合はその損が大きくなっていく場合も元の建値まで戻ると考えて
しまうことが普通にあり、損を拡大させてしまいます。

100万円から110万円になった利益10万円(100→110)と
100万円から90万円になった損失10万円(100→90)は同じ10万円ですが
利益の10万円は9万円とかに変化すると損している気分になり、本来は120万円
くらいまで行きそうなチャートでも109万円とかで利確してしまうことがあります。

一方損失は90万円になり元の100万円まで戻ってくるとみていると80万円になり
大きな損の中でやっと決済したりします。

この時に本来20万円、までの利益を見込めていたものが、最終的に利益のほうが損失回避的な利確になりやすく
109万円での利確になり、仮に損失の場合は20万円までの損失を見ていたとしても損を確定できずに、建値まで
戻ることを待つ行動をとったりします。

この意思決定こそがトレードしていくうえで大事な考えになります。

結果9万円利益がでても、110万円から109万円での1万円下がった痛みのほうが
利益が出ているにもかかわらずより大きく感じる。

意思決定の基準は価値関数と確率加重関数で計算される。

価値関数のゆがみ

同じ金額を得した時と損した時の感情は損をした時のほうが何倍も大きい。
(金額が同じなら約2.2倍価値を強く感じる)
グラフから分かるように金額が2倍なっていっても感情は2倍とはなっていかない。

ゆえに、負けた時の感情(痛み)と勝った時の感情(喜び)はプラスマイナスゼロにはならず、
永遠に負けた感情(痛み)が残るため
トレードにおいてはこの感情を切り離して考える必要がある。

FX初心者が絶対にしてはいけないトレード

利益よりも損失が大きく痛みを感じるので、リスクを冒すトレードを絶対してはいけない。
初心者が絶対にしてはならないのは、負けを取り戻そうとギャンブル的にトレードをしてしまうことで
取り返そうとする利益の価値が高くなるため、損失を回避することが遅れてより大きな損失を生むことに
なる。

確率加重関数のゆがみ

宝くじが当たる確率が1%(100分の一)でもひょっとして当たるのではないかと考える心理が
働き、低い確率なのに当たる確率を見余る行動をとってしまう。
確率が低いと過大評価してしまう。

90%成功の手術は大丈夫と考えたいが、心理ではもしかしたら。。。という心理が働き
高い確率を過少評価してしまう。

35%~40%くらいが参照点になり過少評価と過大評価が逆に強く感じる起点になります。

FXトレード注意点

1.損失が出ているのに回避せず、戻るまで待とうとしてしまう。
2.負けた分を取り返そうと大きくロットをあげる。
3.損切を利益分よりも深く取ってしまう。

プロスペクト理論からトレードを組み立てる

1.ロジック(手法)を精査し、中途半端な場所でのエントリーを」さける。
2.時間がかかるようなら一度ポジションを手仕舞う。
※デイトレードの優位性でエントリーしたのにスイングトレードに切り替えて
プラテンまで我慢してしまう。
3.利益を目標値まで引っ張れるようにする。

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。