ボリンジャーバンドの使いかた!(実践編)

裁量トレードに必要な情報が満載なインジケーター

ボリンジャーバンドを表示するメリットとして、 トレードに必要な

情報が詰まっているお話は前回させていただきました。

前回の記事はこちら

 

情報が詰まっているから全てを取り入れて判断するよりも、

最初のうちは一つか二つぐらいを判断材料にしたほうが、

使いやすいかもしれないですね。

 

初心者の人がいきなりボリンジャーバンドをみて、状況を判断するのは

難しいかもしれませんが、この記事を読み終わる頃は、

裁量トレーダーがボリンジャーバンドのどこを意識して、トレードしているか

理解できると思いますし、あなた自身もボリンジャーバンドがチャート上に

必要に感じてくると思いますよ。

 

では実際に、ボリンジャーバンドを使ってエントリーや環境認識などの仕方を

考えて見たいと思います。

 

エントリーするときに考えること!

 

環境足(大きい時間足)のボリンジャーバンドがいい形になってきたので執行足にうつしてみたら、

あまり良い形で無い場面があります。

 

どういう事かというと

大きい時間足で環境認識して、下位の時間足でエントリー場面を探すと、全然優位性のない

場面だったりします。

 

チャンスが無ければエントリーしないのが正解だとおもいますが、

チャンスの場面ならエントリーを考えたいですよね。

 

その時に一番大切なのが、相場をアジャストさせて、エントリーする

執行足に合わせてセットアップするということです。

 

 

当たり前といえば当たり前なんですが、初心者の人ほど、すぐエントリー

したがり、エントリーのタイミングも早く感じます。
少し遅いくらいでも、しっかりと押し目や、戻しを待ってエントリーを

するのが最終的にはよいとかんじます。

 

大きい時間足で環境認識しているので、相場の方向は見えている訳です

から、慌てず、少し遅いぐらいで十分だと思います。

 

一度冷静に見直して、水平線なども執行足に合わせて、アジャストさせてからでも

十分かもしれないですね。

 

そのままタイミング合わず思惑の方向にいく事もありますけど、

その時はエントリーしてないので資金は減りませんよね。

 

エントリーは初心者の人ほど遅いくらいでいいと感じます。

 

水平線との重なりで根拠がしっかりしてくる場面

 

まずボリンジャーバンドには±1σ、±2σ、±3σ、が一般的に表示されていて、

市場参加者も意識しているとおもいます。

 

その中で、エントリー時のポイントとして考えられるのが、

±1σ、±2σの反発場面ですね。

 

トレンドが出始めて最初の押しや、戻し場面で±1σ、±2σなどが

同じポイントにあれば、根拠としては十分成り立ちます。

 

レンジ場面でのボリンジャーバンドは線がグチャグチャで、

チャートが見ずらいくらいになるときもあります。

 

でもある程度線が順番どうりなら、レンジのボリンジャーバンドは

手法がしっかりしていて、勝率もいいように感じます。

レンジのボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドのレンジ場面

 

 

 

 

水平線と±2σの根拠でタイミングが分かります。

この場面は環境認識などで判断したい場面ですね。

 

トレンドが出た時の場リンジャーバンド

ボリンジャーバンドのトレンド場面

 

 

 

 

 

こちらは、水平線とボリンジャーバンドの根拠ですね。

全てのMAとボリンジャーバンドが下向きなので、

下落トレンドなのが分かりますね。

下落していくところを引きつけてエントリーす場面です。

 

 

エクジット時は何から情報を見るか?

大きな時間足から読み取ることが出来ると、エントリーの

タイミングがかなり絞れるので、時間のないときなどは

よく、後1時間とか、3時間くらいはチャンスないなとか

みたりしてます。

 

エントリーのタイミングはエクジットのタイミングでもあるんですね。

見る方向によっては、売りの場面は買いの場面だったりします。

 

答えがないので人それぞれですが、特に私海虎が見ているのは

ボリンジャーバンドが上から降りてくるときは、様子見します。

下の図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリンジャーバンドの+1σが上から降りてきてますね。

一方ローソク足は下から反発してきて、下から上にいってます。

 

赤□の中を見てみると+1σを越えられず、再度MAを割って

下落しました。

 

もし下からの転換で買いで入っていた場合、どこまで持つか

が一つの難題で、「相場は利確が一番難しい」といわれる

のが分かる気がします。

 

このチャートは日足なので、そこそこのpips数下げましたが、

ここのポイントこそエクジットを強く考える場面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントは受け付けていません。