嫌なチャートパターン

 

 

みなさんこんにちは、FXトレーダー海虎です。

 

日銀会合、FOMC(米連邦公開市場委員会)通貨しました。

 

いや通過の間違いです。笑

 

 

今週の相場は利益が出やすかった人多いと思います。

でも同じ相場が来たときに勝てない人がでてくるのも事実です。

 

この意味分かりますか?

 

おそらく前は勝てたのに、今回勝てない人は「なぜか?」と

疑問に思ってませんか?

 

似た相場で似たチャートなのになぜ前とパフォーマンスがこんなに

違うかよく考えてほしいです。

 

実際問題、普通に前回と同じパターンになると考えます。

間違えではないですし、そこの優位性を追求してるのになぜ答えが

まったく違うのか。

 

お話ししますが、

 

その前に一つ邪魔をする人間の考えで、

前回の事実が今回もおきると考え、自分がコントロール

されてしまう事。

 

前回と同じ場面、同じ環境でも相場は答えが全く同じにならない

ので注意が必要です。

 

あれっ?

 

「それだと優位性は関係ないんですか?」と言われそうですけど、

そもそもが優位性を破ることでトレンドがでるんです。

 

もっというと相場は負けている側が作るとまで言われてます。

ロスカットなどを巻き込みトレンドを作る事の意味です。

 

話を戻します。

 

 

なぜ同じにならないか?

 

それは全て形だけで入るトレーダーが多いからです。

形が分かるのはとても大事ですけど、トレンドが出れば

チャートの形で入っても面白いくらい利益に結びつけられます。

 

でも本当のチャートの本質や原理を理解してないと、いつかは

利益を相場に返します。

 

エントリーするまでに相場の流れや、優位性、環境認識、もっと言うと

ファンダメンタルにも関係してます。

 

だからこそチャートの形やチャートパターンだけで判断しないでくださいね。

 

本当の優位性を味方につけて形やパターンなら勝率はあがります。

でもここまで深く掘り下げずに優位性無しの形だけやパターンだけは

苦しい戦いになるので注意が必要です。

 

 

少し抽象的な内容ですが、本当です。

 

 

 

 

何か参考になりましたら、

ブログランキングへのポチっとお願いします。

 


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です