待つべきポイントとは?

みなさんこんにちは、海虎です。

 

木曜日は雪がちらつきましたね。

寒いと感じた人、もうすぐ冬は終わりそうですよ。

 

なぜなら花粉の症状が出てる人がちらほらいるからです。

海虎は目からきてます。憂鬱なシーズン到来です。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

花粉症の人は無理せず行きましょう^_^

 

待つべきポイント!

2月21日、

チャートチェックしているといい感じのチャートがEURAUD。

早めのエントリーだけども上位足含め、同じルーティーンで考えていき、

大丈夫と判断。

 

5分足チャート

 

赤い矢印がエントリーポイント、

全体的に上昇しているのが分かりますよね。

 

後はタイミングだけを考えればいいんです。

ここの場面、高値を超えたら一気に上昇するかもしれないと

判断して、少し早いかもしれないけどロスカットとターゲットを

計算してます。

 

その後

「あれ?」

レンジにつかまったかもと注視していると

200MAに反発してる場面があり、下のチャート

赤い矢印のポイント。

 

本来ここまで待てれば一番いいポイントなんですけどね。

 

目線は上!

なかなか時間だけがかかり、どちらにも動かない状態。

 

上に行く準備はしてるのは海虎だけですかね?

 

このライン越えたら今度こそ上か?

それとも撤退も考えておかなければいけないかも

しれない状況です。

 

方向は大丈夫でした。

その後のチャートです。

 

少し不安定に感じた場面も今見返せば

それなりにしっかり押し目をつけて上昇していきました。

 

今回ブレイク狙いで早めにエントリーしましたが、

しっかりした押し目を待つ事がリスクを減らしていく

基本だとあらためて考えさせられました。

 

 

参考になりましたらポチッとお願いします。

 


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です