来週の注目通貨!

みなさんこんにちは、海虎です。

今週の振り返り!
(4月9日~4月13日)

今週はアメリカFOMC議事録が12日のAM3:00
にありました。

このFOMC議事録は各政策決定日の3週間後に公表
されます。

3月20日~3月21日に開催された内容の議事要旨
の公表ということになります。

無事通過したことで、大きな動きはなかったと感じて
います。

むしろUSDがしっかりしてきた印象さえ感じました。

テクニカル的にはGBPがやりやすい相場だったのでは
ないでしょうか。

先週までのスッキリしない相場よりは、良かったと
思います。

来週の注目通貨!
(4月16日~4月20日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY

の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを

絞ってます。

(1)相関関係・通貨の強弱

日足から  GBP>AUD>EUR=USD>JPY

先週に引き続きGBPの強さを期待したいところですが
どこかでリトレースが入りそうな強弱関係になって
きてますね。

今週は強いまま通過してくれればやりやすとおもいますが、
リトレース場面に入ってくると、動いてるけどエントリーの
タイミングがとりずらいかもしれません。

どちらにせよ、慎重に深追いせずいきたいです。

あと気になるのが、相関関係ではAUDJPYが今週注目ですかね。

(2)テクニカル・重要な水平線

USDJPY(日足)
テクニカル的にはしっかりしてきた印象で押し目などが
あれば積極的に上目線で入っていきたいチャートです。

日足で21MAをしっかり試しにきて反発すればわかりやすく
読みやすいチャートになってきますね。

GBP/AUD.JPY.USD

GBPはテクニカル的にはまだまだ強さがあるチャートで、もう一つ上の
高値を狙えるチャートですね。

ここから一気に下がるよりも、レンジなどに入って時間の調整などがあって
上を目指していく事も十分ありえます。

一呼吸置くくらいが丁度いいかもしれないです。

(3)指標

16日
AM8:00 英国・ライトムーブ住宅価格、この時間に発表しなくても
いいんじゃないかなと思えるくらい中途半端な時間。

前回は少し動きましたね。この手の中途半端な時間の発表は材料視
されて相場が動いたりします。

PM21:30 アメリカ小売売上高

17日
AM11:00 中国4つほど指標発表あり、特に中国GDPは一応
チェックしておきたいところ。

夕方には欧州の時間帯で、英国、ドイツ、ユーロなど注目

18日~20日

イギリス・アメリカなど指標発表が多いのでその前後は注意したいところ。

海虎が相場を見るときのルーティーンで記事を
書いてます。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

※ブログランキングの応援クリックを
していただけると、
ありがたいです。

 


FX・サラリーマン投資家ランキング

利益を保証するものではありません。

投資は自己責任でお願いします。

個々の取引において生じたいかなる損失についても

本メルマガ及びその管理者は一切の責任を負いかねます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です