背にしてエントリーする

みなさんこんにちは、海虎(カイト)です。

 

最近大きな変動が無く、安定している相場が続いていて、初心者の人は

分かりやすい場面が多いのではないでしょうか。

 

最初のうちは、とにかく分かる場面だけでOK!です。

 

トレード日誌などつけている人は、後で必ず見直すと、分かる場面や

曖昧な場面など振り返ることが出来るので、とことん見直すことを

オススメします。

 

その中で分かる場面だけを精査していけば、自分の得意な場面が

どんどんスリムになってくるので、そしたら自信つきますよね。

 

今日の一枚

 

 

もう一つ上がる場面をロング

 

 

その後

 

 

×の赤ラインを背にしてエントリー。

 

「背にする」ことでロスカット位置が近くなるので、タイトに考えられる。

リスクリワードも良くなる。←ほぼ一人言

 

 

昨日のトレード

 

その後

 

そして月曜日のトレード

 

 

その後

 

次の日みたら思っていた方向に伸びたので良かったですが

イメージ的にはもっと早く伸びるイメージがあったので、

少し時間がかかったかなと思ってます。

 

方向があって利益に結びついても、イメージが大切で、

時間がかかり過ぎるときは、あえて仕切りなおすくらいの

余裕が必要かもしれないですね。

 

ゆる~い性格ですけど、余裕とは違うのかもしれませんね。

相場は本当に心理戦だとつくづく感じました。

 

あなたも、心理を読みながら相場をみてみると

余裕がでてくるかもしれないですね。

 

 

 

参考になりましたらポチッとお願いしま~す。

 


人気ブログランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です