調整の場面で考えることと来週の注目通貨!

みなさんこんにちは海虎です。

 

今週の振り返り!(7月16日 ~7月20日)

 

先週の記事から

 

「日足から、EUR>USD=GBP=AUD>JPY

日足的には調整ぽくみえますがまだUSDが強さをみせて
います。」

GBPAUDやGBPUSDなどボラティリティがでた通過も
ありますが、全体的に終わってみれば調整色がでた感じの一週間に
なりました。

USDJPY、週足では久しぶりの力強い陽線がでて、

来週も期待したい通過、

しかし日足ではMAとの乖離が
でてるので一息入る可能性も。

 

 

面白い展開になりそうなのが、

GBPAUD通貨、

このあたりは狙い目だったんではないでしょうか。

 

 

以上からUSD、GBP、AUDなどが一つのテーゲットに

できたんではないでしょうか。

 

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

 

来週の注目通貨!(7月23日 ~7月27日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY、
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

 

(1)相関関係・通貨の強弱

 

日足から、EUR>USD=AUD>GBP=JPY

全体的に調整色が強く来週に期待したいところ。

 

調整の仕方が来週どこかでトレンドが出れば、一度は
大きく動く感じがします。

 

それでも大きくトレンドが出続けるより、一度試しにくる
イメージのほうが分かりやすいかもしれないですね。

 

その試しにくる場面を見極めて押し目や戻り売りを狙いたい
ところ。

 

週足、USD>AUD=JPY=GBP=EUR
週足ではまだUSDが強さをみせているので、押し目が入り
トレンドが出れば、114.000を目指せるのではないでしょうか。

 

(2)テクニカル・水平線

 

USDJPY、111.000前後までで反発あれば上目線で
見ていきたいところ。

 

 

 

 

 

 

過去の記事からのキャプチャ。

レンジ上限まではしっかりタイミングを計って

エントリーを考えたい。

 

GBPAUD、戻り売りを狙うかこの流れで売り目線で
タイミングをはかるか見極めたい場面。

 

EURGBP、この通貨にしては珍しいはっきりした展開。
力強さは上でみていきたい。

 

GBPUSD、1.32前後までの戻りから売り目線でエントリーを
見極めたいところ。

 

(3)指標

 

主な指標。

この他アメリカの指標前後は無理をしないようにしたいところ。

 

23日、23:00アメリカ・中古住宅販売件数

25日、10:30豪・消費者物価指数
23:00アメリカ・新築住宅販売件数

26日、17:30英国・実質GDP(速報値)
20:45ユーロ・ECB政策金利
21:30アメリカ・耐久財受注(速報値)

27日、21:30アメリカ・実質GDP(速報値)

28日、00:00英国・ネーションワイド住宅価格指数

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

 

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

 

◇ブログの目的◇

 

このブログはFXに対する備忘録を目的に書いています。

 

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

 

メッセージなどは気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です