雇用統計のシナリオと来週の注目通貨!

みなさんこんにちは海虎です。

 

 

来週は雇用統計です。

雇用統計の週、前半は動きが少なかったり、難しい相場になったりしますが、

チャートの形だけによらず、しっかりと流れを読んで、攻めていかないと、

逆方向に大きく振られたりしますから、エントリー前に戦略をたてて、

しっかり根拠をもってエントリー考えます。

 

利益が出ているのに、しばらくしたら損切りになっていたなんて事もあります。

そんな状態だと心理的にトレードが難しくなってきますから、無理はせず、

戦略やシナリオは考えて向き合うのが大切です。

 

 

 

今週の振り返り!

(9月24日 ~9月28日)

ドルの上昇が強いですね。

以前7月にレンジ上目線で攻めたいと予想した記事。

114円台をめざす動きと書いた通りに上昇して、来週あたり一度試すのでは

ないでしょうかね。

 

過去の記事はこちら

もっと前の記事はこちらでも書いてます。

 

USDJPY

 

 

 

 

 

 

赤の矢印で上を目指すのか、青の矢印でリトレースに入るか、

予測してみました。

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

来週の注目通貨!

(10月01日 ~10月05日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY、
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

(1)相関関係・通貨の強弱

 

週足から

USD(ドル)>EUR(ユーロ)>GBP(ポンド)>JPY(円)>AUD(オージー)

の力関係になります。

 

USDJPY(ドル円)は上昇して、大きな陽線がでました。

非常に強い形で、過去記事の中で引いたレンジ水平線を超えてきたので

次の高値114円台が見えてきました。

USDJPY

 

ただこのまま上げ続ける事はなくどこかでリトレースが入ってくるので、

注意も必要です。

 

114円台半ばあたりがレンジ上限なので来週は良く見てのトレードに

なりそうですね。

 

一方ドルストレートのGBPUSD、EURUSD,AUDUSD,などは

MAなどに叩かれて上げられない状況。

 

しかし、チャートが綺麗すぎるので、注意。

日足からは

GBP=USD=EUR=AUD>JPYになります。

 

ドル絡み通貨がほぼほぼ強弱がないので、どれかが上下に振れたら

大きく動く可能性もでてきました。

 

ドルストレートか最弱のJPY(円)絡みのどちらかになりそうな

相関関係・強弱になりますね。

 

(2)テクニカル・水平線

AUDUSD

 

 

 

 

 

 

GBPUSD

 

 

 

 

 

 

EURUSD

 

 

 

 

 

 

 

どれもUSDJPYのチャートと逆相関になっているので、来週以降に

リトレースに入ってきたら、これらの通貨は下げずにあげてくるのでは

ないでしょうか。

 

 

戦略:ドルストレートが動けば上記の通貨で攻めて、調整色強ければ

JPY(円)絡みがトレード対象になりそうですね。

 

どちらにしろ良くみてトレードを仕掛ける必要があるので、

無理なトレードは避けたほうが無難です。

 

(3)指標

1日、08:50、日本・日銀短観

1日、23:00、アメリカ・ISM製造業景気指数

 

2日、13:30、豪・中銀政策金利

 

3日、21:15、アメリカ・ADP雇用者数

3日、23:00、アメリカ・ISM非製造業景気指数

 

4日、23:00、アメリカ・耐久財受注(確報値)

 

5日、21:30、アメリカ・貿易収支

5日、21:30、アメリカ・雇用統計

 

 

以上は特に注目しておきたい通貨です。

 

他の指標前後も無理なトレードは控えるのがいいと思います。

 

海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
◇ブログの目的◇

このブログはFXに対する備忘録を目的に書いています。

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

メッセージなどは気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です