雇用統計前に考える事と来週の注目通貨!

みなさんこんにちは海虎です。

 

今週の振り返り!(7月23日 ~7月27日)

 

先週の記事から
「日足から、EUR>USD=AUD>GBP=JPY

全体的に調整色が強く来週に期待したいところ。」

 

今週も調整色強く、
大きなトレンド通貨は確認できませんでしたね。

日によってはトレードできる通貨もありましたが、

やはり方向が定まらないといった感じでした。

来週以降に期待です。

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

来週の注目通貨!(7月30日 ~8月3日)

 

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY、
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

 

(1)相関関係・通貨の強弱

日足相関関係から、

USD>AUD>EUR=JPY>GBP

となります。

ただし強弱がはっきりしてきているのが、

GBPJPY、

EURJPY、

このあたりの2通貨は来週強さがでる力関係に
なっています。

 

GBPJPYのチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

週足ではUSDが強い中、他の通貨の調整が終了して
きている感じがします。
相関関係では
USD>JPY>AUD=GBP=EUR

になりますね。

ただUSDは強いは強いですが、強弱は
JPYに対して、

GBPJPY、
EURJPY、
AUDJPY、

が強く力関係をみせています。

来週に期待したいですね。

 

(2)テクニカル・水平線

AUDUSD、0.746あたりが終値で越えてこれるか
しっかり見極めたい通貨。

 

GBPJPY、週足では下落目線が強く、見ている感じでは
上値が切り下がってきているので、下目線で大きく利を
伸ばしたいイメージの通貨。

 

GBPUSD、トレンドは下目線なので、もう一度下を
試しにくるイメージ。

 

GBPAUD、今週は下目線で見ていきたい通貨。

 

EURGBP、0.893あたりを終値で越えてこれれば
今週は上目線でいいかもしれないですね。

EURUSD、1.16ラインは週足で何週も
止められているライン。
少しづづ安値が切り上がってきているイメージ
なので、1.723あたりを終値で越えてきたら今週は
上目線でも良いかもしれないですね。

USDJPY、112.4ラインを超えてこれるかどうか。
越えてこれれば上目線で対応したい。

(3)指標

30日、23:00、アメリカ・中古住宅販売成約指数

31日、09:00、日本・日銀政策金利

31日、18:00、ユーロ・実質GDP(速報値)

31日、21:30、アメリカ・雇用コスト指数

31日、21:30、アメリカ・PCEデフレータ

31日、23:30、アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数

1日、21:15、アメリカ・ADP雇用者数

1日、23:00、アメリカ・ISM製造業景気指数

 

2日、23:00、アメリカ・FRB政策金利(FOMC)

海虎注目している指標。

 

2日、20:00、英国・英中銀政策金利
こちらも注目しています。

2日、23:00、アメリカ・耐久財受注(確報値)

 

3日、21:30、アメリカ・雇用統計
FXで注目する指標。

3日、21:30、アメリカ・貿易収支

3日、23:00、アメリカ・ISM非製造業景気指数

雇用統計の週は、発表があるまで様子見になる可能性が
あるので無理は禁物です。

 

 

ここまで週足での相関関係や通貨の強弱はUSDがダントツの

強さを見せているので、動きがあるならばUSDがしっかりした

動きをみせるのではないでしょうか。

 

雇用統計の週は前半は、はっきりしない展開が多いので

決め打ちはせず(方向がはっきりしなのにエントリーする事)

しっかりとトレンドが出てから流れを見極めて少し遅いくらいの

タイミングでも十分エントリーポイントはあります。

 

焦らず、押し目や戻りを待ちたいですね。

 

海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
◇ブログの目的◇

このブログはFXに対する備忘録を目的に書いています。

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

メッセージなどは気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です