MA(移動平均線)其の一

移動平均線

移動平均線は日足(時間足や分足)など、一定期間の終値を平均化することによって

トレンドの方向性を見るものです。

 

移動平均線の概要

FXで使う移動平均線は主に3つあり、単純移動平均線(MAやSMA)、

加重移動平均線(WMA),指数平滑移動平均線(EMA)があり、基本は

単純移動平均線(MAやSMA)が扱いやすく、基本的に始めるのがいいと

思います。上級者はど(EMA)を使う傾向が多いです。

 

単純移動平均線(MA,SMA)

計算方法は、(例)5日の平均線の場合なら直近の5日間終値の合計し、それを

5で割ったものが5日平均です。この平均値を折れ線グラフで表したのが、5日

移動平均線です。

メリット :大きなトレンドの動きを教えてくれる。

:少しのイレギュラーな動きなどにも大きく左右されない。

デメリット:トレンドを追従する分析法なので後れる。

 

加重移動平均線(WMA)

計算方法は、直前の価格を最も評価し、過去に向けて順次小さくする。

メリット :緩やかな上昇や下降は有効。

デメリット:急な変動やレンジ相場にはダマシがでやすい。

※中央部分に重みを置いた三角形移動平均(TMA)などもある。

※海外でよく使われてる移動平均線。

 

指数平滑移動平均線(EMA)

累積加重平均で、直近の価格にウェートをつけ、一定期間の直近の高値をより重視します。

メリット :SMAよりも市場の変化をより早く反映する。

:期間が長くなるほど大きなトレンドを教えてくれる。

デメリット:レンジ相場などでダマシが多い。

※指数平滑移動平均線の異なる2本の差(短期と長期)をMACD(移動平均収束発散法)といいます。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です