FXのチャートからタイミングをはかる

こんにちは、海虎です。

 

 

今日も過ごしやすい暑さの一日でした。

気温の変化で仕事がしやすかったりするのも

メンタル・マインドの一つなのかもしれませんね。

 

 

今週の注目通貨から一つ (ブログの記事から)

 

EURUSD、が相関関係の強弱やチャートの形から

魅力あるチャートになりつつあるので、しばらく

監視していると、自然と最終ラインが見えてきたので、

実際にタイミングをはかってエントリー(赤矢印)

 

チャートは方向性が見えてきたら、その方向へ

エントリーすれば大丈夫です。

 

21MA、75MA、200MA全てが上向きで

トレンドは上ですよね。

 

だから上にいくトレンドに乗るということです。

 

流れに逆らわずあくまでトレンドの方向へ。

 

その際どこまで押しや戻しを許容できるかが

勝負所なのかもしれません。

 

ぎりぎり背に出来る水平線(ライン)まで引っ張る

事ができれば、リスクリワードは自然と良くなりますよね。

 

逆にブレイクアウト的な気になる水平線(ライン)を超えたらエントリー

みたいなエントリーもタイミングをはかる事ができますよね。

 

押し戻しを待つエントリーも、ブレイクラインを超えてのエントリーも

タイミングがとても大切だと考えます。

 

まず今日の一枚、その後は?

ギリギリのところで反転して、もとの上昇トレンドに回帰

したので、一気にターゲットラインまで。

 

ストレスフリーな場面。

 

他の通貨も十分狙えるチャートになりますけど、やはり

チャートと通貨選択は相場の肝になります。

 

肝とはチャートを読み解く力みたいなものですね。

 

そしてその後

ストレスフリーまで行かないかもしれませんが、根拠のある

水平線を背にできてます。

その背を背中に一気に上昇してます。

 

ポイント1:方向を見極めろ!

ポイント2:ベストなエントリータイミングをはかれ!

 

一気に動く場所が見えてきたらストレスフリーな

トレード出来ると思います。

 

そこの一気に動く場所こそが優位性のある、強い根拠だと

考えます。

 

ポイント3:優位性のあるところでタイミングはかれたら

心強いですよね。

 

是非根拠のある、優位性の強い水平線を意識して

相場と向かいあいたいですね。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

※ブログランキングの応援クリックを

していただけると、ありがたいです。

 

&
FX・サラリーマン投資家ランキングnbsp;

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です