FX来週の注目通貨!

ゴールデンウィーク

トレードのタイミングを絞る

 

みなさんこんにちは海虎です。

 

GWに突入です。

トレーダーのみなさん、楽し一週間にしてくださいね。

 

今週の振り返り!(4月23日~4月27日)

今週の流れは予想どうりだったのでは
ないでしょうか。

しっかりとした動きになったUSDJPYが大きな
ポイントになった一週間だったと思います。

 

USDJPYはいつもレンジ相場の印象が強いですが、
今週のようにしっかりした展開になれば、十分
トレード候補になります。

 

常にしっかりした動きを狙いたいところです。

それとGBP系がやはり大きくリトレース場面に
入りました。

 

ここまでのリトレースは予想してませんでしたが、
指標の影響が大きかったかもしれないですね。
リトレースの調整は予想どうり、相関が綺麗に
噛み合ったので、まだ崩れてないチャートと
みています。

先週の場面での予想でここまでGBP系の調整が
進んでくると来週のトレンドがどうなるか、
楽しみです。

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

 

来週の注目通貨!(4月30日~5月4日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

(1)相関関係・通貨の強弱

日足から    USD>GBP=EUR=AUD>JPY

USDがしっかりした展開になってきたので、来週に
期待したいところです。

ただテクニカル的には一呼吸おきたい場面ですね。

気になるのがGBPAUDの日足です。

きつい調整にならなければいいんですが、もしきつい調整
に入れば下落の週になるかもしれません。

慎重に見極めたい場面です。

(2)テクニカル・水平線

GBPAUD:調整場面に入ってきているので、最終的に陰線で終わる
一週間になるかもしれません。

AUDJPY:下に振れたら要注意の一週間になりそう。

AUDUSD:下振れに注意したい。この通貨も陰線で終わる一週間に
なるかもしれません。

(3)指標

指標と言えばアメリカです。

一週間とうしてアメリカの指標が多いので注意が必要です。

アメリカの指標

30日:個人所得・支出
:PCDデフレータ
:シカゴ購買部協会景気指数
:中古住宅販売成約指数

1日:ISB製造業景気指数

2日:ADP雇用者数
:週刊石油在庫統計

3日:貿易収支
:新規失業保険申請件数
:非農業部門労働生産性指数
:ISM非製造業景気指数
:製造業新規受注
:耐久財受注

4日:雇用統計

 

 

他の指標
5月1日:豪中銀政策金利
5月2日:ユーロ実質GDP
:ユーロ雇用統計
5月3日:消費者物価指数

あと忘れてはならないのが、やはりアメリカ
5月3日AM3:00のERB政策金利です。

海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。

 


人気ブログランキング

 

 

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です