相場の優位性を知れば怖いもの無し! フラクタル相場の考え方。

トレードの時間足は?

 

画面に色々な時間足を表示させて、トレードが出来れば

楽しいトレードが出来るとおもいませんか?

 

でも忙しいサラリーマンや時間の限られた主婦などは

なかなかトレーディングルームみたいな恵まれた環境で

トレードなど出来ないのが現実ですよね。

 

兼業トレーダーとして本業との合間にするトレードは全て

優位性のある場面まで待てない事が多くなりがちです。

 

 

2~3時間で完結できる手法を選ぶ必要もありますし、自分に合わせるのでは

なく、相場に合わせることを考えると、まったく手も足も出ない日が続くことも

普通にありますし、絶好のチャンスを逃がしたあとは、多少なりともメンタルに

影響しますし、へこみますよね。

 

良いエントリーはどうやってタイミングをとる?

 

そんな状況を打開するべく、思考を書いてみます。

 

そうすればあらかじめ今日のチャンスは無理そうとか、ある程度の判断材料に

なるのではないでしょうか。

 

 

クイズです。

 

2つの通貨ペアがあります。

 

まず下2枚のチャート図

ある日のEUR通過ペアのチャートです。

 

パッと見てどの通貨ペアとどの通貨ペアか分かりますか?

まだよ~く見ないでくださいね。

遠目でみてくださいね。

フラクタル相場1分足

 

 

 

 

 

 

フラクタル相場日足

 

 

 

 

 

良く似た2つのチャートです。

 

同じ日の同じ時間です。

答えは両方共EURUSDのチャートです。

 

上のチャートが1分足チャートで、

下が日足チャートです。

 

1分足と日足では時間の長さが全然違いますよね。

でもチャートの形はどちらが1分足か日足か分からないですよね。

 

これが相場はフラクタルていう意味で、もちろん色んな解釈とれますが、

海虎はこのフラクタルの見方をかなり重要視してみてます。

 

1分でも秩序があれば、十分相場と向き合える綺麗なチャートになるんです。

 

これなら、押し目や戻しまで待つ事も、苦ではなく、しっかりしたエントリーに

なります。

 

「1分足は少しの値幅で上下に振られるから難しい」という人がいますが、

これだけ日足と区別がつかないチャートなら問題ないですよね。

 

相場はフラクタルです。

 

一つのパターンを繰り返し練習して、自分の物にできれば、

全ての時間足で押し目や戻しまで待つ事で、優位性をあげれますよね。

 

そうすれば、フラクタルに相場を判断して、時間のない中で、エントリー

出来そうな時間足で、相場を組み立てられます。

 

色々な時間足を並べて判断できるから、相場を見てるのが楽しくなってきますし

綺麗なチャートなら、エクジットのタイミングもわかりますし、優位性まで

待つのも大事ですが、自分から探し出すこともできるわけです。

 

忙しいサラリーマンや時間のない主婦ほどフラクタルに相場分析できるほうが

応用がきくと思います。

 

相場はフラクタルなので、是非利用して自分のトレードに取り入れて

下さい。

 

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。