先週の復習チャートと来週の注目通貨!

みなさんこんにちは海虎です。

 

◇個人の備忘録目的で書いてます◇

今週の振り返り!(6月4日 ~6月8日)

 

GBPAUDなどは反発だけに絞れば狙いやすい一週間
だったのではないでしょうか。

先週のブログ記事に水平線をブレイクしたところを
試しにきた場面がエントリーポイントになりやすい
と書いたのに似た場面を復習してみたいと思います。

GBPJPY

 

 

 

 

 

 

環境認識では大きい時間足で方向をみています。

 

緑①と②のどちらかがエントリーポイントになるであろうと
予測してチャートをみてました。

 

本来はここまで大きく陽線がでたら様子見なんですけど、わかりやすい
場面なのであえてキャプチャーをとったので参考に^^。

その後はトレンドがしっかりでました。

 

 

 

 

 

 

EURJPYはフィボナッチ38.2%で上手く反発した先週から上を目指したい
位置ですけど深追いは禁物な位置です。

USDJPYが先週の高値を超えてきたので高値を目指せるところ
ですが一息してから上なのか、レンジみたいな動きになりそうです。

 

難しいチャートになってきました。

 

※ブログランキングの応援クリックを
していただけるとありがたいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

来週の注目通貨!(6月11日~6月15日)

※この通貨選択は、USD、GBP、EUR、AUD、JPY、
の5通貨10ペアの組み合わせでポイントを
絞っています。

(1)相関関係・通貨の強弱

 

日足から AUD>USD=JPY>GBP=EUR
といったところでしょうか。

 

もっと大きなローソク足でみてみると

 

JPY>USD>GBP=EUR>AUD

 

と少し逆の相関が目立ちます。
JPYはまだまだ相関関係は強いので、JPY関係がまだ
来週以降も動く可能性があります。

 

このJPYが強いというのは、JPYは決済通貨なので、強いほど
売られやすいということになります。

 

間違えやすいので注意してくださいね。

GBPJPYなどが面白くなるかもしれませんね。

JPY絡みからは目が離せない一週間になりそうです。

 

(2)テクニカル・水平線

AUDJPYが週足陽線になるかもしれない位置なので、短い足で反発
チャートになったら狙える通貨になると思います。

 

(3)指標

 

12日にシンガポールでの米朝首脳会談がポイントになりそうです。
14:00にシンガポールの指標がありますが、この指標よりも
サプライズ的に通貨に影響があるかもしれないですね。

 

17:30英国・雇用統計
17:30英国・ILO失業率
21:30アメリカ・消費者物価指数

 

13日
17:30英国・消費者物価指数
18:00ユーロ・鉱工業生産指数
21:30アメリカ・生産者物価指数
23:30アメリカ・週間石油在庫統計

 

14日

ワールドカップ開幕
03:00アメリカ・FRB政策金利(FOMC)
20:45ユーロ・ECB政策金利
21:30アメリカ・小売売上高

 

15日09:00日本・日銀政策金利
22:15アメリカ・鉱工業生産指数
23:00アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

 

今週は12日がポイントになりそうですね。

 

海虎が相場を見るときのルーティーンで
記事を書いてます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

◇ブログの目的◇

 

このブログはFXに対する備忘録を目的に書いています。

 

利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。個々の取引において
生じたいかなる損失についても本メルマガ及びその管理者は
一切の責任を負いかねます。

 

メッセージなどは気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です